ヨーロッパ鉄道TOP  >  ヨーロッパ鉄道の旅 欧州鉄道の歩き方  >  オランダ・ベルギー鉄道旅行基本講座  >  3章-2 ブリュッセル~ブルージュ、オステンドの旅

鉄道チケット
ユーロスター
タリス
ICE

TGVフランス国内
TGVアルテシア

TGVリリア
レイルジェット

エウロスターイタリア
X2000

氷河急行
ベルニナ急行

ゴールデンパスライン
鉄道パス
国別鉄道情報
フランス
イタリア
スイス

スペイン
イギリス・アイルランド

ドイツ
ベネルクス3国
ご利用について
手数料及び送料のご案内
予約Q&A
鉄道パスご利用案内
旅行条件書
お問合せ先
キャンセルについて
特商法に基づく表記
予約・手配不可リスト
リクエスト予約リスト
リクエスト予約ガイド

ヨーロッパ鉄道旅行講座

はじめての鉄道旅行講座
鉄道旅行を計画する
列車について
鉄道に乗るためのチケット
ヨーロッパの鉄道に乗る
欧州鉄道の歩き方
オランダ・ベルギー鉄道旅行
モンサンミッシェル鉄道旅行
ギリシアから列車とフェリーの旅

ヨーロッパ鉄道情報

ヨーロッパ鉄道時刻表の使い方

おすすめPRリンク


欧州鉄道の歩き方 ~知ればこんなに簡単!鉄道旅行~

「欧州鉄道の歩き方」は、ヨーロッパの鉄道旅行のモデルルートをご提案するページです。「世界遺産」、「景勝ルート」、「人気の観光地めぐり」などテーマ別に紹介します。ヨーロッパ鉄道旅行や個人旅行を考えている方のルートプランニングの参考として活用ください。

3章-2 ブリュッセル~ブルージュ、オステンドの旅 ~オランダ・ベルギー鉄道旅行基本講座~

3章 ベルギー鉄道の旅

3章イメージ 3章イメージ
3章-1
ベルギーの玄関口 ブリュッセル
3章-2
ブリュッセル~ブルージュ~オステンドの旅
コラム
ブリュージュ駅から愛の湖公園までの歩き方
3章-3
国際高速列車「タリス」の旅

ベルギーのインターシティの旅

ベルギーのインターシティ

ベルギーのインターシティ

インターシティの1等車内

インターシティの1等車内

ベルギーもオランダと同じく、それほど大きくない国である。
ブリュッセルを拠点にフランダース地方であれば、鉄道で1~2時間程度でブルージュやアントワープなど主要都市まで行ける。
座席予約が必要な列車がほとんどないので、気軽に利用できるのも利点であろう。

ベルギー国内の主要都市間を結ぶ優等列車として、インターシティがある。
オランダと同じく他の国とは違い、特急というよりも快速列車に近い感覚で利用できる。

インターシティは様々なタイプの車両を使っている。機関車+客車牽引タイプのものや、電車タイプなどがある。
内部はオープンサロン式の座席である。座席は1等の場合は1+2配列で、2等の場合は2+2配列である。
ベルギー国内でのインターシティは、比較的所要時間が短いため、食堂車が編成されていないことはもちろんのこと車内販売等も行われていない。

ブリュッセルからブルージュ、オステンドへ

ブルージュ駅の外観

ブルージュ駅の外観

ブルージュに停車したインターシティ

ブルージュに停車したインターシティ

ブリュッセル~オステンドのルートは、途中ゲントGentやブルージュBruggeがあり、ベルギー国内の幹線のひとつといえる。
ブリュッセルからブルージュ、オステンドは、インターシティでの移動となる。

インターシティを利用する場合、ブリュッセル・ミディ駅からゲント、ブルージュ、オステンドの3駅に停車する。

ブリュッセル・ミディ駅発ブルージュ、オステンド方面の列車は、平日で毎時5分発の1時間1本のペースで運行されている。

オステンドの街並

オステンドの街並

オステンド駅発ブリュッセル方面の列車は、平日で毎時43分発の1時間1本のペースで、ブルージュ発ブリュッセル方面の列車は、平日で毎時58分発の1時間1本のペースで(2009年8月現在)運行されている。

移動距離はブルージュでは、約92kmで所要時間は約1時間。
オステンドでは約115kmで所要時間は1時間12分程度である。

ブルージュ~オステンド間の所要時間は約15分。


ブルージュ

水の都と称されるブルージュの街並

水の都と称されるブルージュの街並

ブルージュの運河を巡るクルーズ船

ブルージュの運河を巡るクルーズ船

ブルージュは、西フランドル州の州都である。

運河に囲まれ、50以上の橋が架かっている「水の都」というべき町である。

中世の景観がそのまま残されていて、多くの観光客が訪れるベルギー屈指の観光都市。


旧市街をはじめとして3ヵ所世界遺産に登録されている。

世界遺産
・ブルージュ歴史地区
・フランドル地方のベキン会修道院群(ブルージュはベキン会修道院)
・ベルギーとフランスの鐘楼群(ブルージュはマルクト広場にある鐘楼)


またブルージュに来た際は、ブルージュに張り巡らされている運河をクルーズ船で巡るのもいいだろう。
違った視点でブルージュの街並をみるのもいい体験となる。

ベギン会修道院

ベギン会修道院 ベキン会とは13世紀に、フランドル伯夫人によって、女性の自立した生活を目的として設立された。
現在はベネティクト派の修道女が生活をしている。
入り口付近にある修道女の住まいが博物館となっている。
中庭は自由に出入りが可能(修道院の開門時間は6:30~18:30 1/1と12/25の午前中は閉門)である。


ベキン会修道院博物館
【開館時間】10:00~11:45/13:45~16:45(日曜日10:45~11:45/13:45~16:45)
【休館日】1/1、キリスト昇天祭の午後、12/25
【入館料】2ユーロ


メムリンク美術館

聖ウルスラの聖遺物箱 建物は、12世紀に建てられた聖ヨハネ施療院の一部。
15世紀に活躍したハンス・メムリンク(1435?-1494)の作品や聖ヨハネ施療院の資料などが展示されている。
特にメムリンクの代表的な作品「聖ウルスラの聖遺物箱」や「聖カタリナの神秘の結婚」、「東方の三博士の礼拝」などが展示している。


【住所】Mariastr 38
【開館時間】9:30~17:00
【休館日】月曜日、1/1、キリスト昇天祭の午後、12/25
【入館料】8ユーロ(ポタリー聖母教会博物館との共通チケット)


マルクト広場

マルクト広場 ブルージュの中心というべき広場。
「鐘楼」や州庁舎など魅力的な建物に囲まれている。
ブルージュの英雄ヤン・ブレーデル、ピーテル・デ・コーニングの銅像が中心にある。
道に迷ったらマルクト広場を目指そう。目印は「鐘楼」。


鐘楼

鐘楼 マルクト広場には、世界遺産に登録されている鐘楼である。
13世紀から15世紀にかけて建てられたもので、高さは88m。
366段のらせん階段を登ると鐘楼の上部からブルージュの街並を見わたすことができる。
47個の鐘が組まれた組み鐘(カリヨン)の音色は、ヨーロッパ屈指のもの。


【開館時間】9:30~17:00
【休館日】1/1、キリスト昇天祭の午後、12/25
【入館料】8ユーロ


オステンド

オステンド駅

オステンド駅

オステンド駅に到着したインターシティ

オステンド駅に到着したインターシティ

オステンドは、ベルギー最大のリゾート地。

夏のヴァカンスシーズンは多くの観光客が訪れる。


オステンド駅は4つのプラットホームから構成されている。

「オステンデ・ウィーン・オリエント急行」が発着していた時代を彷彿とさせるオステンド駅舎内

「オステンデ・ウィーン・オリエント急行」が発着していた時代を彷彿とさせるオステンド駅舎内

かつては、
ロンドン~オステンド~ブリュッセル~フランクフルト~ウィーン~ブダペスト~イスタンブールを結んでいた
「オステンデ・ウィーン・オリエント急行」のヨーロッパ側の発着駅として重要な役割を担っていた。


アンソールの家

アンソールの家 アンソールの家 ベルギー近代絵画の代表的な画家の一人であるジェームズ・アンソールが1917年から亡くなる1949年まで住んでいた家。
1階はみやげ物屋になっているが、これは当時、アンソールのおじとおばが、みやげ物屋を営んでいたため、これを復元したものである。
2階からがアンソールのアトリエやリビングルームがあり、生活していた状態を保存している。
多くの作品が各地に散らばっているため、展示している作品数は少ないが、アンソール独特の世界観を味わうことができる。

【所在地】Vlaanderenstraat 27, 8400 Oostende
【入場料】2ユーロ
【開館時間】10:00~12:00 14:00~17:00
【休館日】火曜日、1/1、12/25
【URL】http://www.musee-magritte-museum.be/






「旅の設計図」で行くベネルクス鉄道の旅

アレンジ自在のツアーで
こだわりのベネルクス鉄道の旅を実現!
地球の歩き方「旅プラザ」が自信をもっておすすめする鉄道の旅プランです。航空券やホテル、オプショナルツアーなど、さまざまなプランを自由に組み合わせることであなただけのヨーロッパ旅行をご提案いたします。
旅の設計図イメージ

ベネルクス現地発着ツアー

ヨーロッパ個人旅行のプロが厳選した
現地発着ツアー
地球の歩き方「旅プラザ」おすすめのベネルクス現地発着ツアー・オプショナルツアーが盛りだくさん!ベネルクスならではの魅力的なプランを満喫できる現地発着ツアーは個人旅行に自由に組み込めます。
現地発着ツアーイメージ

地球の歩き方「BY TRAIN」シリーズ

鉄道で旅する人のためのガイドブック
ヨーロッパ鉄道の旅を全面的にサポート!
地球の歩き方「BYTRAIN」シリーズは鉄道の旅、必携のガイドブック。地球の歩き方編集部ならではのおすすめのルートが満載です。適度な大きさで旅行中の持ち運びにも便利です。
地球の歩き方「BYTRAIN」シリーズイメージ

ヨーロッパの旅行記・口コミ

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。