ヨーロッパ鉄道TOP  >  はじめてのヨーロッパ鉄道旅行講座 > 2.ヨーロッパの列車について > 2-6 防犯グッズの活用

鉄道チケット
ユーロスター
タリス
ICE

TGVフランス国内
TGVアルテシア

TGVリリア
レイルジェット

エウロスターイタリア
X2000

氷河急行
ベルニナ急行

ゴールデンパスライン
鉄道パス
国別鉄道情報
フランス
イタリア
スイス

スペイン
イギリス・アイルランド

ドイツ
ベネルクス3国
ご利用について
手数料及び送料のご案内
申込までの流れ
予約Q&A
鉄道パスご利用案内
列車予約について
旅行条件書
お問合せ先
キャンセルについて
特商法に基づく表記
予約・手配不可リスト
自動予約可能リスト
自動予約ガイド
自動予約システムについて
リクエスト予約リスト
リクエスト予約ガイド

ヨーロッパ鉄道旅行講座

はじめての鉄道旅行講座
鉄道旅行を計画する
列車について
鉄道に乗るためのチケット
ヨーロッパの鉄道に乗る
欧州鉄道の歩き方
オランダ・ベルギー鉄道旅行
モンサンミッシェル鉄道旅行
ギリシアから列車とフェリーの旅

ヨーロッパ鉄道情報

景勝・世界遺産ルート
ヨーロッパ鉄道時刻表の使い方
鹿ちゃんの鉄道ブログ

はじめてのヨーロッパ鉄道旅行講座 2.ヨーロッパの列車について

2.ヨーロッパの列車について

2-6 防犯グッズの活用

ヨーロッパの鉄道を利用する際に注意したいことは、スリや置き引きなどの盗難である。パスポート、現金、クレジットカード、鉄道パスなどの貴重品は肌身離さず持っていることが必要だ。またスーツケースやバックパックなど大型の荷物もしっかりとした防犯対策を講じたほうがよいだろう。

■鍵付きワイヤー、U字ロック、チェーンキー
鍵付きワイヤー、U字ロック、チェーンキーなどは、スーツケースやバックパックなど大きな荷物を列車内の荷物置き場に置く時や寝台やクシェットのベッドに荷物を固定する際に便利である。
荷物置き場の柵や寝台のベッドなどと荷物を結びつけることによって、置き引きから荷物を守ることができるだろう。

鍵付きワイヤーなど購入できる!旅行用品通販サイト「地球の歩き方ストア」



■南京錠
鍵付きワイヤーなどで荷物が固定できても、ファスナーを開けられてしまえば、バッグの中身を盗まれてしまう。また荷物を背負っている時など、背後からバッグの中身を盗まれてしまうこともある。

この場合に便利なのが、南京錠である。鍵式、ダイヤル式とさまざまなタイプがある。
キャリーバックやハンドバックなどのファスナー部分に付けておけば、勝手に開けられてしまうこともないだろう。2、3個持っていれば、いろいろな場面で役に立つことがあるはずだ。

南京錠など購入できる!旅行用品通販サイト「地球の歩き方ストア」



■ネックポーチ、貴重品袋
パスポート、財布、鉄道パスなどの貴重品は、肌身離さず持っていることに越したことはないが、ズボンのポケットやバッグのポケットなどに入れているとスリに盗られるリスクが大きい。また寝台やクシェットで就寝中の時に、盗られるケースもある。

貴重品を収納するのに便利のが、ネックポーチや貴重品袋である。貴重品を入れて首からぶら下げてシャツやジャケットの中にしまっておけば、強盗やスリに盗まれるリスクも少なくなる。車内検札や入国審査の際は、首から取り出しやすい状況にしておくか、必要なものを予め出しておくとよいだろう。

日本と違い、ヨーロッパでは荷物を置いて座席を確保したり、貴重品を座席に出したまま席を外す乗客はほとんどいない。最低限、貴重品は自己管理をしっかりすることが重要だ。

貴重品袋など購入できる!旅行用品通販サイト「地球の歩き方ストア」


はじめてのヨーロッパ鉄道旅行講座