ヨーロッパ鉄道TOP  >  はじめてのヨーロッパ鉄道旅行講座 > 3.ヨーロッパの鉄道に乗るためのチケット > 3-3 日本で購入できるヨーロッパ鉄道のチケット

鉄道チケット
ユーロスター
タリス
ICE

TGVフランス国内
TGVアルテシア

TGVリリア
レイルジェット

エウロスターイタリア
X2000

氷河急行
ベルニナ急行

ゴールデンパスライン
鉄道パス
国別鉄道情報
フランス
イタリア
スイス

スペイン
イギリス・アイルランド

ドイツ
ベネルクス3国
ご利用について
手数料及び送料のご案内
予約Q&A
鉄道パスご利用案内
旅行条件書
お問合せ先
キャンセルについて
特商法に基づく表記
予約・手配不可リスト
リクエスト予約リスト
リクエスト予約ガイド

ヨーロッパ鉄道旅行講座

はじめての鉄道旅行講座
鉄道旅行を計画する
列車について
鉄道に乗るためのチケット
ヨーロッパの鉄道に乗る
欧州鉄道の歩き方
オランダ・ベルギー鉄道旅行
モンサンミッシェル鉄道旅行
ギリシアから列車とフェリーの旅

ヨーロッパ鉄道情報

ヨーロッパ鉄道時刻表の使い方

はじめてのヨーロッパ鉄道旅行講座 3.ヨーロッパの鉄道に乗るためのチケット

3.ヨーロッパの鉄道に乗るためのチケット

3-1 
ヨーロッパの鉄道運賃
3-2 
ヨーロッパの列車予約
3-3 
日本で購入できるヨーロッパ鉄道のチケット

3-3 日本で購入できるヨーロッパ鉄道のチケット

ヨーロッパの鉄道チケットは、日本の旅行代理店でも購入することができる。価格や条件は、現地で購入するチケットとは違いがあるが、利用条件によっては現地で購入するよりも有利なことがある。

■区間乗車券
日本で購入できる区間乗車券は、TCVチケットと呼ばれるものと、現地の鉄道会社で独自に販売している乗車券の2種類がある。ここで言う区間乗車券とは、座席予約や寝台予約が入っていないオープンチケットを示している。

TCVチケットは、ヨーロッパ圏外で販売している一般的な区間乗車券のことだ。このチケットには、特急料金や急行料金が含まれているので、全席指定制ではないインターシティ(IC)やユーロシティ(EC)などの特急や急行に該当する列車も、追加料金無しで利用できる。

有効期間も、購入時に設定する利用開始日から2ヵ月間の有効期間があり、TCVチケットが存在しないイタリア、フランス、スペインを除けば、後戻りをしない限り、有効期間内ならば途中下車が可能である。

TCVチケットが無いフランスの区間乗車券の場合、有効期間が利用日のみと言うように、条件が厳しくなっている。またフランスの場合、列車番号が入った状態での区間乗車券となるが、記載している列車以外でも利用は可能だ。

■座席指定券、寝台指定券
日本で購入できる座席指定券や寝台指定券は、鉄道パスや日本で購入できる区間乗車券(TCVチケット)を所持していることを前提としているものである。指定券だけ日本で購入し、区間乗車券を現地で購入するというのは、トラブルの元となるので注意したい。

座席指定や寝台指定は、乗車日より60~90日前から予約開始というところが多いが、運行スケジュール改訂時期(6月中旬と12月中旬)前後は、鉄道会社のスケジュールが確定するタイミングが遅いため、予約開始日が大幅に遅れることがある。特に12月改訂のイタリア、スペインは大幅に遅れることが多い。

■包括運賃チケット
日本で購入できる包括運賃チケットは、現地で販売しているものとの違いは少ないが、割引運賃の設定の多さは、現地で販売しているもののほうがが多い。

注意したい点は、鉄道パス割引の場合である。フランスが運行ルートに絡む列車の場合、所有している鉄道パスによって、パス割引1~3の設定がある。正しい組み合わせで購入していないと、乗車時に多額な追加料金がかかる場合があるので、日本で購入する場合は鉄道パスと一緒に、旅行代理店で購入する方が安全だ。

包括運賃のチケットは鉄道会社のホームページでも購入することは可能だが、現地の鉄道会社のホームページの販売対象の中心は、ヨーロッパ圏内の居住者なので、彼らが購入できない鉄道パスの割引運賃を販売しているサイトは少ない。

はじめてのヨーロッパ鉄道旅行講座