ヨーロッパ鉄道TOP  >  はじめてのヨーロッパ鉄道旅行講座 > 4.ヨーロッパの鉄道に乗る > 4-2 発車ホームの見つけ方(運行掲示板など)

鉄道チケット
ユーロスター
タリス
ICE

TGVフランス国内
TGVアルテシア

TGVリリア
レイルジェット

エウロスターイタリア
X2000

氷河急行
ベルニナ急行

ゴールデンパスライン
鉄道パス
国別鉄道情報
フランス
イタリア
スイス

スペイン
イギリス・アイルランド

ドイツ
ベネルクス3国
ご利用について
手数料及び送料のご案内
申込までの流れ
予約Q&A
鉄道パスご利用案内
列車予約について
旅行条件書
お問合せ先
キャンセルについて
特商法に基づく表記
予約・手配不可リスト
自動予約可能リスト
自動予約ガイド
自動予約システムについて
リクエスト予約リスト
リクエスト予約ガイド

ヨーロッパ鉄道旅行講座

はじめての鉄道旅行講座
鉄道旅行を計画する
列車について
鉄道に乗るためのチケット
ヨーロッパの鉄道に乗る
欧州鉄道の歩き方
オランダ・ベルギー鉄道旅行
モンサンミッシェル鉄道旅行
ギリシアから列車とフェリーの旅

ヨーロッパ鉄道情報

景勝・世界遺産ルート
ヨーロッパ鉄道時刻表の使い方
鹿ちゃんの鉄道ブログ

はじめてのヨーロッパ鉄道旅行講座 4.ヨーロッパの鉄道に乗る

4.ヨーロッパの鉄道に乗る

4-1 
日本の鉄道とヨーロッパの鉄道の違い
4-2 
発車ホームの見つけ方(運行掲示板など)
4-3 
車両、座席の見つけ方
4-4 
乗降時の注意点
4-5 
車内の検札

4-2 発車ホームの見つけ方(運行掲示板など)

■列車番号が大事
普段、日本で鉄道を利用していると、列車番号(日本の新幹線でいえば、のぞみXX号に該当するもの)を意識することは少ないと思う。ヨーロッパの鉄道を利用するときには、この列車番号が大事になってくる。近郊列車や地下鉄など本数が多い列車の場合は、列車番号を意識する必要はないが、長距離列車を利用する場合は、列車番号を意識する必要がある。乗車したい列車をその列車の行先で探すよりも、列車番号で探した方が見つけやすいからだ。
※イギリスやアイルランドの場合、列車番号が存在しない。このときは出発時間と行き先、経由地で、目的の列車を探し出すことになる。

■まずは駅の運行掲示板を見る
乗りたい列車の発着ホームを知るために重要なものとしてあるのが、「運行掲示板」である。日本の鉄道の駅でも見ることができるものだが、ヨーロッパのターミナル駅の場合は、駅のコンコースやプラットホームの中心部に設置されていることが多い。

空港の発着案内板と同じく、発着時刻の早い順に上から掲載している。運行掲示板に表示されるのは、「出発=Depart」の場合、出発時間、目的地(行き先)、列車番号(列車名、種別)、出発ホームである。国や駅によっては掲載する順番の違いはあるが、内容はほぼ同じである。
また遅延などの場合も運行掲示板に表示される。掲載されるタイミングとしては、その列車が出発する30分前からの場合が多い。発着本数が多いターミナル駅ほど表示されるまでに時間がかかる。

■駅の時刻表を見る
ドイツ、スイスなどでは、プラットホームなどに時刻表が掲示している。一般的には出発列車の運行ダイヤが黄色地、到着列車の運行ダイヤが白色地で色分けされている。掲載している内容は、列車の出発、到着時刻が早い順に、出発、到着時間、列車番号(列車名、種別)、経由地(到着時刻も掲載)、出発、到着ホームである。掲載されている内容は、あくまでスケジュールどおりで運行された場合のものである。遅延した場合は、変更されることもあるので、駅の運行掲示板やプラットホームの掲示板で、出発ホームを確認することが大事である。


夜行列車シティナイトラインのサボ。CNL472が列車番号。上部の「204」が号車。
駅の目立つ所にある運行掲示板(パリ北駅)


ホームにある出発時刻表(プラハ本駅)
ターミナル駅などはホームごとに出発列車の表示板がある(パリ北駅)

はじめてのヨーロッパ鉄道旅行講座