ヨーロッパ鉄道TOP  >  はじめてのヨーロッパ鉄道旅行講座 > 4.ヨーロッパの鉄道に乗る > 4-4 乗降時の注意点

鉄道チケット
ユーロスター
タリス
ICE

TGVフランス国内
TGVアルテシア

TGVリリア
レイルジェット

エウロスターイタリア
X2000

氷河急行
ベルニナ急行

ゴールデンパスライン
鉄道パス
国別鉄道情報
フランス
イタリア
スイス

スペイン
イギリス・アイルランド

ドイツ
ベネルクス3国
ご利用について
手数料及び送料のご案内
予約Q&A
鉄道パスご利用案内
旅行条件書
お問合せ先
キャンセルについて
特商法に基づく表記
予約・手配不可リスト
リクエスト予約リスト
リクエスト予約ガイド

ヨーロッパ鉄道旅行講座

はじめての鉄道旅行講座
鉄道旅行を計画する
列車について
鉄道に乗るためのチケット
ヨーロッパの鉄道に乗る
欧州鉄道の歩き方
オランダ・ベルギー鉄道旅行
モンサンミッシェル鉄道旅行
ギリシアから列車とフェリーの旅

ヨーロッパ鉄道情報

ヨーロッパ鉄道時刻表の使い方

はじめてのヨーロッパ鉄道旅行講座 4.ヨーロッパの鉄道に乗る

4.ヨーロッパの鉄道に乗る

4-4 乗降時の注意点

イギリスやアイルランドを除いて、プラットホームが低いのがヨーロッパの鉄道の特徴である。乗降口には3~4段のステップになっていることがあり、それを登って乗車する。
このためスーツケースや大きな荷物を持って乗車する場合は、先に荷物を車内に入れてから乗車するか、乗車口に列車の乗務員や駅員がいれば、手伝ってもらうかである。

ホームと車両の乗降口に段差がある場合が多い(プラハ本駅)
ヨーロッパの列車は、日本と違い乗降口は自動で乗降口の開閉は行わないことがほとんどである。レバー式の手動扉、ボタン式自動扉など様々なタイプがあるが、自分自身で扉を開けなければならない。閉める場合は、自動で行われる。
イギリスなどの古い客車の場合は、オールド・スラム・ドアと呼ばれているものがあり、開閉レバー自体が車内に無い。車内から降りる場合は、乗降口の窓を開けて、外側にあるレバーを上げることによって、乗降口の扉が開く。最近ではボタン式の自動扉が多くなって来たが、一部のインターシティや夜行列車で見かけることがあるので、注意したい。


ボタン式の自動扉(ベルギーのインターシティ) イギリスにあるオールド・スラム・ドア

はじめてのヨーロッパ鉄道旅行講座