ヨーロッパ鉄道TOP  >  はじめてのヨーロッパ鉄道旅行講座 > 4.ヨーロッパの鉄道に乗る > 4-5 車内の検札

鉄道チケット
ユーロスター
タリス
ICE

TGVフランス国内
TGVアルテシア

TGVリリア
レイルジェット

エウロスターイタリア
X2000

氷河急行
ベルニナ急行

ゴールデンパスライン
鉄道パス
国別鉄道情報
フランス
イタリア
スイス

スペイン
イギリス・アイルランド

ドイツ
ベネルクス3国
ご利用について
手数料及び送料のご案内
申込までの流れ
予約Q&A
鉄道パスご利用案内
列車予約について
旅行条件書
お問合せ先
キャンセルについて
特商法に基づく表記
予約・手配不可リスト
自動予約可能リスト
自動予約ガイド
自動予約システムについて
リクエスト予約リスト
リクエスト予約ガイド

ヨーロッパ鉄道旅行講座

はじめての鉄道旅行講座
鉄道旅行を計画する
列車について
鉄道に乗るためのチケット
ヨーロッパの鉄道に乗る
欧州鉄道の歩き方
オランダ・ベルギー鉄道旅行
モンサンミッシェル鉄道旅行
ギリシアから列車とフェリーの旅

ヨーロッパ鉄道情報

景勝・世界遺産ルート
ヨーロッパ鉄道時刻表の使い方
鹿ちゃんの鉄道ブログ

はじめてのヨーロッパ鉄道旅行講座 4.ヨーロッパの鉄道に乗る

4.ヨーロッパの鉄道に乗る

4-5 車内の検札

4-1 日本の鉄道とヨーロッパの鉄道の違い」で述べたように、ヨーロッパの鉄道は、駅改札でのチケットチェックよりも、車内での検札によるチケットチェックがほとんどである。

検札する方法は様々あるが、通常は列車出発後に、車掌が車内を巡回しながらチケットを確認する。夜行列車の場合は、乗車前に乗降口での車掌によるチケット確認が多い。
検札時に有効な鉄道チケットを持っていない場合は、罰金の対象となるので注意が必要だ。日本と比べて車掌の権限が強いのが、ヨーロッパの鉄道の特徴である。

有効な鉄道チケットを持っていても、車掌の勘違いによって罰金を請求されることもある。この時は所有しているチケットに裏書(エンドース)をしてもらうことが大事である。これは、車掌がこのチケットを無効にした証拠となるので、チケット代金の払戻しには必要なことである。

ほとんどのヨーロッパの列車では検札が行われる

はじめてのヨーロッパ鉄道旅行講座