ヨーロッパ鉄道TOP  >  鉄道チケット  >  ICE

ICE(ドイツ・オーストリア・スイス・オランダ・ベルギー・フランス・デンマーク)

ICEイメージ ICEイメージ

ドイツ鉄道(DB)の高速列車ICEは1991年の登場以来、ドイツ国内主要都市間は、もちろんのことフランクフルト~パリ、アムステルダム~ケルン~フランクフルト間などフランス、オランダ、ベルギー、オーストリア、スイス、デンマークの7カ国にわたり運行している。
最高営業速度200~320km/hが可能な高速性能はもちろんのこと、ゆったりとした車内設備で快適な鉄道旅行ができる。またボードレストラン、ボードビストロといった食堂車およびBAR車両も連結されている。
一部の国際線やビジネス客向けのノンストップ便のICE-Sprinterやフランス方面の国際線を除いては、座席指定をしなくても利用ができるジャーマンレイルパスなどの鉄道パスを持っていれば、そのまま乗れる数少ない高速列車なのだ。

区間乗車券を検索

乗車都市を選択
<->
到着都市を選択

区間乗車券をリクエスト予約


※【発売前受付】や【ご出発の10日前を切った直前の鉄道手配】は、鉄道スペシャリストが販売する「地球の歩き方 旅プラザ」をご利用ください。
【ご注意】有効な鉄道パス・乗車券をお持ちでない方が「 □鉄道パスご利用の方はチェックを入れてください。 」にチェックを入れチケットを購入した結果、現地で高額罰金を徴収されるケースが起きています。
*チェック後、表示される料金は有効な鉄道パス・乗車券を持っている前提で乗車券代金相当が含まれていないため検札時に「不正乗車」と判断されてしまいます。
鉄道パスをご利用でない方は、絶対にチェックを入れずに料金検索を行ってください。
また、国際列車の場合、パスのカバー範囲により指定券代金が異なることがあります。
ご不明な場合は弊社で確認をいたしますのでお手持ちのパス名を備考欄にご記入の上、リクエスト予約よりお申し込みください。
【ご注意】 区間乗車券検索の「乗車都市」「到着都市」項目は半角英字で入力してください。(日本語対応しておりません)
【ご注意】 列車を検索する前にお読みください!
この区間を検索する
フランクフルト
ミュンヘン
この区間を検索する
フランクフルト
ベルリン
この区間を検索する
ベルリン
ミュンヘン
この区間を検索する
ミュンヘン
ベルリン
この区間を検索する
ミュンヘン
フランクフルト
この区間を検索する
ケルン
ミュンヘン
この区間を検索する
ケルン
アムステルダム
この区間を検索する
ハンブルク
コペンハーゲン
この区間を検索する
コペンハーゲン
ハンブルク

ICE タイプ

ICEは6つのタイプに分けられる。

ICE-1
1991年に最初に登場したのがICE-1である。編成は前後に高速機関車を配し、中間に1等車4両、2等車7両と食堂車を挟んだ14両編成を基本としているが、列車によっては1~2両少ない場合もある。 長距離路線やスイス、オーストリア方面の国際ルートに用いられている。
ICE-2
ICE-2は、高速機関車を1両にして反対側は運転台付の客車(制御客車)とするプッシュプル式である。基本的な編成は、高速機関車、1等車2両、2等車4両、食堂車の8両編成で、2つの編成を連結して途中の駅で違う行先に分割する列車もある。
ICE-3
最新バージョンのICEで、ICE-1やICE-2のような動力集中型から電車方式の動力分散型となった。電車方式のため両端部の車両も座席があり、運転台後ろに座席が設置され、前方の展望が楽しめるようになった。 基本的な編成は、1等車2両、2等車5両、食堂車の8両編成で、2編成を連結した16両編成の列車も見られる。最高速度はフランスのTGVと同じく、線路を走る鉄道としてはヨーロッパ最速の330km/hで、ドイツ国内ではフランクフルト~ケルン間の高速新線などで、そのスピードが体験できる。ICE-3は、ベルギー、オランダ乗り入れ用の車両やフランス乗り入れ用車両もあるが、外見や車内設備はICE-3と変わらない。オランダ鉄道(NS)編成もあり、正面のDBマークに変わりNS High SPEEDマークが付いている。
ICE-T
高速新線と在来線区間を直通する列車用に開発されたのがICE-Tで、1999年に登場した。カーブの多い在来線のスピードアップを図るため、強制振子方式を採用。そのため、ICE-3と同じく動力車を客車内に持つ電車方式に変更され、最高速度は230km/hに抑えられている。ICE-Tの標準的な編成は、1等車1両、1.2等合造車、2等車4両、食堂車の7両編成で、2つの編成を連結して、途中駅で分割し各方面に向かう列車もある。この編成の中にはオーストリアへ直通する編成もある。一部はオーストリア連邦鉄道(OBB)の所属となっており、車体側面にOBBのロゴが見られる。また編成が1等車1両、2等とビストロカフェの合造車1両、2等車3両の5両編成のICE-Tもある。 ICE-3と同じく、電車方式のため両端部の車両も座席があり、運転台後ろに座席が設置され、前方の展望が楽しめるようになった。
ICE-TD
ICE-TDは非電化区間での運行用に、ICE-Tの動力方式をディーゼルにしたバージョンで、最高速度も200km/hとなっている。標準的な編成は、1等車1両、2等とビストロカフェの合造車1両、2等車2両の4両編成で、3編成までが連結可能となっている。現在は、デンマーク国鉄(DSB)の所属となり、2007年からベルリン~ハンブルク~コペンハーゲン間の渡り鳥ルートで運行されている。
ICE-MET
旧Metoropolitan社で使用していた客車で運行しているICE。他のICEとは異なり、通常の機関車牽引による列車のため、外見上はICに類似している。一部の2等車では横2+1列の座席配列となっている。2013年現在は、ベルリン~ハレ~ミュンヘン間で運行している。

ドイツ国内主要都市間および下記の国際ルート

【国際ルート】
・ハンブルク~フランクフルト~マンハイム~バーゼル~チューリヒ
・アムステルダム~ユトレヒト~ デュセルドルフ~ケルン~フランクフルト
・ブリュッセル~リェージュ~アーヘン~ケルン~フランクフルト
・フランクフルト~マンハイム~ザールブリュッケン~パリ(東駅)
・ベルリン~フランクフルト~カールスルーヘ~バーゼル~ベルン~インターラーケン
・ドルトムンド~ケルン~フランクフルト~ニュルンベルグ~リンツ~ウィーン
・ハンブルク~リューベック~コペンハーゲン
・ ベルリン~ハンブルク~オーフス
所要時間
・フランクフルト~ベルリン 4時間8分~4時間15分
・フランクフルト~ミュンヘン 3時間14分~3時間21分
・フランクフルト~ハンブルク 3時間37分~6時間28分
・フランクフルト~ケルン 1時間4分~2時間33分
・ミュンヘン~ベルリン 5時間56分~7時間45分
・ミュンヘン~ハンブルク 5時間37分~8時間43分
・ミュンヘン~ケルン 4時間24分~4時間55分
・ベルリン~ケルン 4時間20分~4時間22分
・ベルリン~ハンブルク 1時間37分~1時間48分
・フランクフルト~ウィーン 6時間43分~6時間47分
・フランクフルト~パリ 3時間48分~3時間56分
・フランクフルト~アムステルダム 3時間46分~3時間57分
・フランクフルト~ブリュッセル 2時間51分~3時間16分
・フランクフルト~バーゼル 2時間47分~3時間
・フランクフルト~チューリヒ 3時間52分~4時間10分
・フランクフルト~インターラーケン 4時間53分~5時間8分
・ハンブルク~コペンハーゲン 4時間32分~4時間46分
ICEルートマップ

ICEのクラスと設備

2クラス制である。

ファーストクラス First Class (1等)
座席:横2+1列のオープンサロンタイプ。
※一部にコンパートメントタイプの座席もあり。
セカンドクラス Second Class(2等)
座席:横2+2列のオープンサロンタイプ。
※一部にコンパートメントタイプおよび横2+1列(ICE-MET)の座席もあり。
【左上】ICE-Tの1等座席
【左下】ICE-1に編成されているコンパートメント座席(1等)
【右上】ICE-Tの2等座席
【右下】ICE-1に編成されている食堂車(BordBistro)
ICE設備イメージ ICE設備イメージ

ICE設備イメージ ICE設備イメージ

ICE 予約

任意予約制(下記のICEを除く)
全席指定制(ICE-SprinterおよびICE国際線:フランス方面)
予約開始日:乗車日より60~90日前
ICEの中で全席指定制を取っているのは、ICE-Sprinter(列車番号1090~1097)とフランクフルト方面からフランスのパリに直通する国際ICEである。アムステルダム、ブリュッセル方面に向かう国際ICEは任意予約制だが、混雑する区間なので、確実に座りたい場合は、座席指定をしたほうがよいだろう。

ICE 運賃タイプ

【ドイツ国内】
ドイツで有効な鉄道パス(ジャーマンレイルパスなど)で利用可能
区間乗車券での利用も可能(ICE用のもの)
ICE-Sprinterは、鉄道パス+座席指定券、区間乗車券+座席指定券で利用可能。

【国際区間】
パリ方面のICEは乗車券と指定券が一体化した包括運賃チケットでの利用
(→TGV/ICE (フランス-ドイツ線)参照)
オランダ、ベルギー、デンマーク、オーストリア、スイス方面は、乗車区間で有効な鉄道パスもしくは区間乗車券で利用可

運賃タイプ クラス 適用条件
区間乗車券 Ind. Open Ticket Adult 1等 座席や寝台の予約が含まれていないオープンチケット。有効期間は利用開始日(購入時に指定)より1カ月間。ただし使用開始をしたら、有効期間はその日限り。国際区間の場合、乗車時4~11歳、ドイツ国内およびオーストリア方面国際線であれば、乗車時6~14歳に子供運賃が適用される。4歳未満で座席を使用しない場合は、無料となる。
2等
座席指定券 Ind Seat Res/ w Tickets/w Pass 1等 座席指定券を利用する場合は区間乗車券(Ind Open Tickets/TCV Tickets)もしくは鉄道パスが別途必要となる。チケット発券後の変更もしくは払戻しは一切できないので、購入の際は注意が必要。
2等
払い戻しの注意 払戻しする未使用チケットは、「乗車日の3日前」と表示されている場合は、乗車日より4営業日前に、「地球の歩き方 ヨーロッパ鉄道」が受け取った場合に限り、払戻しの対象となります。
「乗車日まで」と表示されている場合は、乗車日より1営業日前に、「地球の歩き方 ヨーロッパ鉄道」が受け取った場合に限り、払戻しの対象となります。
また現地で変更できるチケットに関しては、空席状況により予約の変更が必ずしも出来るとは限らないのでご注意ください。

ヨーロッパ鉄道パスを調べる

鉄道パスを検索

旅行する国を選択し、各国の滞在日数を入力してください。

鉄道利用日数
国 1.
国 2.
国 3.
国 4.
国 5.
9人以上のグループですか?

ヨーロッパ鉄道 列車予約・手配について

自動予約リスト

自動予約(オンライン予約)が可能な列車について解説いたします。

リクエスト予約リスト

リクエスト予約でご利用頂ける列車について解説いたします。

列車予約について

ヨーロッパの列車は種類が多く、列車によって予約が必要になります。


予約手配不可リスト

本サイトで手配できない乗車券や指定券の区間です。

自動予約ガイド

本サイトでの自動予約について鉄道パス、チケットの場合と説明します。

リクエスト予約ガイド

リクエスト予約の仕方について鉄道パス、チケットの場合と説明します。


ご旅行条件書

お申し込みいただく前に、旅行条件書を必ずご一読ください。

手数料及び送料のご案内

ヨーロッパ鉄道手配の手数料、送料など申込みの際にご確認ください。

キャンセル料

払い戻しおよびキャンセル料をご案内いたします。


ヨーロッパ鉄道 鉄道情報

国別基本情報

国別基本情報
ヨーロッパ各国の鉄道情報をご案内いたします。国別の鉄道基本情報や各国を走る高速列車や寝台列車などの列車情報、鉄道パスやチケット予約などもこちらからご参考いただけます。 詳細はこちら

はじめての鉄道旅行講座

はじめての鉄道旅行講座
「ヨーロッパ鉄道旅行初心者」に向けて、最低限知っておきたいことをわかりやすく解説!! 詳細はこちら

欧州鉄道の歩き方

欧州鉄道の歩き方
欧州鉄道旅行のモデルルートを提案!世界遺産、景勝ルート、人気の観光地巡りなど紹介します。 詳細はこちら

ヨーロッパ鉄道時刻表の使い方

ヨーロッパ鉄道時刻表の使い方
鉄道旅行に必須「ヨーロッパ鉄道時刻表(日本語解説版)」の解説と購入ができます。 詳細はこちら

地球の歩き方「ヨーロッパ鉄道カウンター 大阪」

地球の歩き方「ヨーロッパ鉄道カウンター 大阪」
ヨーロッパ鉄道カウンターは来店予約制です。予約フォームにてご希望の来店日時をお知らせください。 詳細はこちら

BY TRAIN シリーズ

BY TRAIN シリーズ
ヨーロッパを鉄道で巡るためのノウハウと景勝ルートをヴィジュアルで解説しています。地球の歩き方編集部ならではのおすすめのルートが満載! 詳細はこちら

鹿ちゃんの鉄道Blog

鹿ちゃんの鉄道Blog
地球の歩き方編集部 鉄道担当 鹿ちゃんが、ヨーロッパ鉄道の最新鉄道情報をお届けします。 詳細はこちら

ヨーロッパ鉄道 旅行情報

ヨーロッパ方面 航空券を予約する! powered by アルキカタ・ドット・コム


ヨーロッパ旅行の情報満載!「地球の歩き方」

ヨーロッパ旅行の情報満載!「地球の歩き方」

ヨーロッパの旅行記・口コミ

ヨーロッパの旅行記・口コミ
地球の歩き方が提供する旅のコミュニケーションサイト「旅スケ。旅行者の作る旅スケジュールをご紹介します。

旅スケジュールを作ってみよう!

ヨーロッパの旅行記・口コミ

ヨーロッパの鉄道の旅行記・口コミ


お得なキャンペーン


鉄道チケット予約

ユーロスター
タリス
TGV国際線(ベルギー-フランス線)
TGV国際線/ICE国際線(フランス-ドイツ線)
TGV国際線(フランス-イタリア線)
TGV国際線(TGV-Lyria)
TGV国際線(フランス-スペイン線)
TGV
ICE
レイルジェット(railjet)
SJ2000/SJ3000
ユーロシティ(EC)
ECドイツ-イタリア線
ECスイス-イタリア線
ECドイツ-ポーランド線
ユーロナイト(EN)
ENフランス-イタリア線(EN thello)
シティナイトライン(CNL)
ルシタニア/シュド・エクスプレス(Trenhotel)
AVE/Alvia
フレッチャロッサ(FR)
イタロ(.italo)
グレッシャー・エクスプレス(氷河急行)
ベルニナ・エクスプレス(ベルニナ急行)
ゴールデンパスライン

鉄道パス予約

国別鉄道情報

ご利用について

ヨーロッパ鉄道旅行講座

はじめての鉄道旅行講座
鉄道旅行を計画する
列車について
鉄道に乗るためのチケット
ヨーロッパの鉄道に乗る
欧州鉄道の歩き方
オランダ・ベルギー鉄道旅行
モンサンミッシェル鉄道旅行
ギリシアから列車とフェリーの旅

ヨーロッパ鉄道情報

トーマスクック時刻表の使い方
鹿ちゃんの鉄道ブログ
カウンタースタッフに相談
地球の歩き方の鉄道書籍

おすすめ旅行特集

特集・キャンペーン一覧


旅を楽しむ


海外旅行の準備

国内宿比較 空港付近のホテル!
成田羽田関空中部

海外旅行のクチコミ

ご案内


旅のおともグッズ