ヨーロッパ鉄道TOP  >  ご利用について  >  鉄道パスご利用案内

鉄道パスご利用案内

鉄道パスにはタイプや通用する国などによって幾つか種類があります。連続タイプ、フレキシータイプ、ユースタイプ、セーバータイプなど特徴を知ってあなたにピッタリの鉄道パスはどのタイプかお選びください。ご利用の際は必ず購入資格をCHECKしましょう!

鉄道パスとは?

鉄道パスとはヨーロッパエリア居住者以外の観光客向けに販売している鉄道周遊券です。
1959年に「ユーレイルパス(現在のユーレイルグローバルパス)」が登場して依頼、様々な種類の鉄道パスがあります。
鉄道パスは、国鉄もしくは代表的な鉄道会社(主に民営化、株式会社化した国鉄)の鉄道路線で利用できます。
乗車料金特急料金が含まれています。ただし全席指定制の列車、包括運賃チケットで利用する列車、夜行列車の個室寝台やクシェット(簡易寝台)を利用する場合は、予約と追加料金が必要になります。近年は国際列車や長距離列車の高速化や夜行列車のサービス改善などに伴い、全席指定制の列車や包括運賃チケットで利用する列車が増えてきています。昔と違い、鉄道パスで何でも乗れる状況ではなくなりつつあります。

鉄道パスの種類と特徴

通用日連続タイプ

通用日連続タイプチケットサンプル
券面の記載内容
とにかく毎日でも列車に乗っていたい、とことん鉄道の旅にこだわりたい
通用日連続タイプのものは、利用開始日から15日間や1カ月間の期間で区切られるものです。
例えば15日間のものであれば、 1月1日が利用開始日であれば、有効期間は1月15日までとなります。
せっかく鉄道の旅を楽しむのだから、毎日列車に乗っていたい、いろいろな土地をまわって少しでも車窓を楽しみたいという方には、最適のパスだといえます。夜行列車での移動が多い旅にもピッタリです。
ユーレイルグローバルパスならヨーロッパ31カ国の国鉄もしくは代表的な鉄道会社で利用できます。
通用日連続タイプの鉄道パスは、ユーレイルグローバルパス、スイスで利用できるスイストラベルパス、イギリスで利用できるブリットレイルパス、ブリットレイルイングランドパスの5種類のみです。

フレキシータイプ

フレキシータイプチケットサンプル
券面の記載内容
気に入った街にはしばらく滞在したい、旅行期間は長いけど列車に乗る日は限られている
フレキシータイプとは、利用開始日から1カ月間や2カ月間の有効期間内で、鉄道利用日が選べるパスのことです。
例えばユーレイルグローバルパスの5日分の場合、利用開始日が5月1日としたら、有効期間は5月30日までの1カ月間となります。この期間なら5日分の鉄道利用ができるということです。鉄道利用日は5月1日、5月4日、5月15日、5月20日、5月25日といった飛び飛びで利用もできますし、5月1日~5月5日まで毎日利用といったことも可能です。
通用日連続タイプと比べてフレキシータイプのほうが割高な印象を受けますが、都市や町に滞在をしながら、鉄道利用をする方や、鉄道利用日がそれほど多くない方には便利かつお得になります。 現在販売をしている鉄道パスの中で「通用日連続利用タイプ」で紹介しました5種類の鉄道パス以外は、全てこのタイプになります。

ユースタイプ [年齢による割引料金]

列車内イメージ

贅沢な旅は必要ないという若者には
12~27歳までの方で、ヨーロッパを鉄道で旅したいというお客様に大変便利なのがユースタイプのパスです。
パスの利用開始日時点で27歳であれば、有効期間中に28歳になっても有効です。
すべてのパスにユースタイプがあるわけではありません。
※スイスパス・ブリットレイルパスなどは12~25歳までがユース対象年齢となります。


シニアタイプ [年齢による割引料金]

列車内イメージ

退職後は旅行三昧で過ごしたい60歳以上の方
利用開始日時点で60歳以上であれば、適用される割引料金です。
パスのご利用時に60歳の誕生日を、迎えていれば、ご利用できます。60歳以上の方がご利用でき、大変割安な料金になっております。
シニア割引がある鉄道パスは、ユーレイルグローバルパス、ユーレイル1カ国パス、バルカンフレキシーパス、ブリットレイルパス、ブリットレイルイングランドパスに設定されています。すべてのパスにシニアタイプがあるわけではありません。


セーバータイプ/ツインタイプ [グループ利用による割引料金]

列車内イメージ

ご家族やグループ、カップルで旅行するなら
ご家族やお友達同士など、2名~6名の方々が一緒に旅行される場合にご利用できる大変割安なパスがセーバータイプです。グループの方々の名前は全員バウチャーに印字されます。1グループで1枚の鉄道パスになります。パスを利用して列車に乗車する場合は、必ず全員が一緒に乗車するようにしてください。一部の行程で別行動を取った方々は、パスをご利用になれませんのでご注意ください。
ジャーマンレイルパスのみツインタイプの設定があります。2名様が同一行動取られる際に通常料金よりもお安いものになります。2名で1枚の鉄道パスになります。
※ブリットレイルやブリットレイルイングランドパスなどイギリスの鉄道パスは3名以上でセーバー扱いとなります。


子供の割引

大半の鉄道パスには子供料金が設定されています。
国や鉄道パスによって子供料金が利用できる年齢が異なりますが、2カ国以上の国際間の移動がある場合は、利用開始日時点で4~11歳が子供料金の対象となります。原則は、大人料金の半額が子供料金となりますが、一部の鉄道パスでは、独自に子供料金を設定しています。


ユーレイルグローバルパスおよびユーレイル1カ国パス
大人料金のパス所持者1名につきに同行する子供(4~11歳)2名までは無料パスの発行ができます。同時購入が条件となります。
ジャーマンレイルパス
大人料金およびツイン料金の所持者1名につき同行する子供(6~11歳)2名までは無料パスの発行ができます。同時購入が条件となります。
ブリットレイルパス、ブリットレイルイングランドパス、ブリットレイルロンドンプラスパス、ブリットレイルサウスウエストパス
大人料金およびシニア料金の所持者1名につき同行する子供(5~15歳)1名までは無料パスの発行ができます。同時購入が条件となります。
スイストラベルパス
大人料金のパスを所持している親(同居していることが条件:祖父母は不可)に同行する子供(6~15歳)は無料の「スイスファミリーカード」をお付けすることが可能です。これは親が所持しているスイストラベルパスと同様に鉄道路線、湖上汽船、ポストバスなどが利用できます。

鉄道パス購入資格

ヨーロッパ鉄道パスが利用できる方
ヨーロッパ鉄道パス商品は、ヨーロッパ居住者以外を対象とした商品です。
鉄道パスによって購入資格が変わりますので、下記一覧表をご参照ください。
ご注意
鉄道パス料金には、座席指定料金や寝台料金が含まれておりません。全席指定制の列車や夜行列車を利用する際は、予約とこれらの指定料金が必要となります。これらの列車にはパス保持者のための割引運賃が設定されていますが、予約時期によってはご希望列車のパス割引席がすでに満席というケースも起こりえます。つまり、鉄道パスは全席指定列車に関しましては、その座席を保証するものではありません。従いまして、鉄道パスご購入後、ご希望列車のパス割引席満席を理由にした払い戻し要請にはお応えできませんのでご注意ください。予約・スケジュールを確実にしたい方は、列車予約開始日やパス購入時に合わせての座席指定予約をお勧めします。

鉄道パス 購入可能者

鉄道パスの種類 利用可能な方 利用開始期限
ユーレイル系鉄道パス
(グローバル、1カ国パス)
・日本国籍の方(日本のパスポート所持者)および下記以外の国籍の方

EU諸国とアルバニア、アンドラ、ベラルーシ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア共和国、ジブラルタル、ガーンジー、アイスランド、コソボ、リヒテンシュタイン、モルドバ、モナコ、モンテネグロ、ノルウェー、ロシア、サンマリノ、セルビア、スイス、トルコ、ウクライナ、英国、バチカン市国

・上記の国籍の方でも日本の居住者と認められる公的な書類(在留カードなど)を所持している場合
発券日から11カ月以内
ジャーマンレイルパス ・下記以外の居住者(下記の国に6カ月以上滞在の方は利用できません:留学含む)

ヨーロッパ各国、トルコ、ロシア連邦
イギリスの鉄道パス
(ブリットレイルパスなど)
・イギリス以外の居住者(イギリスに6カ月以上滞在の方は利用できません:留学含む)
スイストラベルパス ・スイスおよびリヒテンシュタイン以外の居住者(スイスおよびリヒテンシュタインに6カ月以上滞在の方は利用できません:留学含む) 購入時に利用開始日を設定
ヨーロピアンイーストパス ・下記以外の居住者(下記の国に6カ月以上滞在の方は利用できません:留学含む)

チェコ共和国、スロヴァキア、オーストリア、ハンガリー
発券日から6カ月以内
バルカンフレキシーパス ・下記以外の居住者(下記の国に6カ月以上滞在の方は利用できません:留学含む)

ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、ギリシア、マケドニア、セルビア、モンテネグロ、ルーマニア、トルコ
セントラルヨーロッパトライアングルパス ・下記以外の居住者(下記の国に6カ月以上滞在の方は利用できません:留学含む)

チェコ共和国、スロヴァキア、オーストリア、ハンガリー

鉄道パスの利用開始手続き(ヴァリデーション/アクティベーション)

鉄道パスを利用する前に行う手続きとして「ヴァリデーション(アクティベーション)」があります。
鉄道パスを発券した際は、利用開始日(First day)、利用終了日(Last day)、パスポート番号部分が空白となっていて、この空白の状態で使用した場合、罰金の対象となります。
そこで、鉄道パスを利用開始する前に、駅窓口にて鉄道パスとパスポートを提出し、係員に利用開始日、利用終了日、パスポートを記入してもらい、スタンプ欄に駅のスタンプを押してもらいます。この作業を「ヴァリデーション」もしくは「アクティベーション」といいます。
鉄道パスによってはサイン欄があるので、係員にサインの記入を求められたら、サイン欄にパスポート番号と同じサインをします。フレキシータイプの鉄道パスの場合、鉄道利用日記入欄は利用者自身で記入します。鉄道パスの利用開始手続きは、所有している鉄道パスの有効範囲内の駅で行うか、日本の指定の旅行会社で行うのが原則です。国際列車による入国時には注意が必要です。
地球の歩き方ヨーロッパ鉄道デスクでパスを購入された方には、ヴァリデーションサービスを行っております。駅が混み合っている事があり、使用開始日が早朝便の利用の時などは事前に済ませておくと便利です。
その際はパスのご使用開始日とご購入される方のパスポート番号が必要となり、1,080円の手数料を頂戴いたします。


地球の歩き方ヨーロッパ鉄道でパスを購入された方には、ヴァリデーションサービスを行っております。
※ヴァリデーション後は、パスの払い戻しは出来ませんのでご注意ください。
※地球の歩き方 ヨーロッパ鉄道以外でご購入されたパスはサービスの対象外となります。
2018年現在
・スイストラベルシステムのパスは発券時に自動的にヴァリデーションが行われます。 ・ブリットレイル系のパスは現地でのみ手続きが可能です。
項目 対象商品 発生単位 金額
ヴァリデーション代 鉄道パス 記録毎 1,080円



鉄道チケット予約

鉄道パス予約

国別鉄道情報

ご利用について

手数料及び送料のご案内
申込までの流れ
鉄道パス
鉄道チケットリクエスト予約
予約Q&A
鉄道パスご利用案内
手配条件書
お問合せ先
キャンセル及び払い戻しについて
特商法に基づく表記
予約可能・手配不可リスト

ヨーロッパ鉄道旅行講座

はじめての鉄道旅行講座
鉄道旅行を計画する
列車について
鉄道に乗るためのチケット
ヨーロッパの鉄道に乗る
欧州鉄道の歩き方
オランダ・ベルギー鉄道旅行
モンサンミッシェル鉄道旅行
ギリシアから列車とフェリーの旅

ヨーロッパ鉄道情報

ヨーロッパ鉄道時刻表の使い方
地球の歩き方の鉄道書籍

ご案内